2006年04月30日

スケールが違う

まさにそんなレースだった気がします。
第133回を迎えた天皇賞(春)ディープが世界へ挑む為の前哨戦。
どんな勝ち方をするのか、それだけに注目していました!

単勝1.1倍の大人気っぷりはまぁ当然として「競馬に絶対はない!」って言うのが当たり前なんですが、絶対であってほしいという期待!
まぁディープはそんな期待を背負っているなんて分からないかもしれませんがね(^^;

スタートの出遅れはご愛嬌って感じですが、9万人のファンからは悲鳴がw1週目のスタンド前では菊花賞と違って折り合っていて良い感じでした。
いつものディープなら向こう上面で徐々に進出して4コーナー回ったところで先頭の馬をほぼ捕らえるか!?って感じなんですが今回はMr.CBの菊花賞を思い出させる3コーナー大まくりで残り600mで先頭にたつという離れ技w出遅れて一回最後方に下がっているのに・・・。

さらにディープは残り600mから33.5(秒)の末脚を繰り出しリンカーン以下をちぎる離れ技を披露!!!さらにマヤノトップガンが記録したレコードを1秒も短縮・・・凄すぎ。

マジで鳥肌立ちました(^^;

常識はずれなレースぷりに、もう「すげー」と大はしゃぎ!wジョッキーの武豊も『この馬より強い馬っているんですかね〜』と太鼓判!!7月29日のキングジョージで世界を震撼させてほしいです!

馬券も勿論獲りました〜!ヽ(´▽`)ノ2日連続GET!
posted by VELL at 20:12| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

スイープトウショウ骨折

シックスセンス・アドマイヤフジ・シーザリオなど有力馬たちが次々に戦線離脱する中、更にスイープトウショウが4日の調教中に左前脚第2中手骨を骨折し3ヶ月の休養となった。これで新設されたビクトリアマイルなどに出ることが出来なくなってしまった。去年活躍した馬がドンドン居なくなるのが寂しい・・・。
posted by VELL at 14:35| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

ドバイデー

いや〜強かったですねぇハーツクライ!(^^
スタートから逃げをうって直線ではちぎるという圧勝でシーマクラシック制覇しました。ユートピアもゴドルフィンマイルで4馬身の圧勝でこの日海外デビューの橋口厩舎がなんと2勝!!
メインのドバイワールドカップではカネヒキリが健闘するも5着と期待には応えられなかったですねぃ・・・。やはりドバイのダートは芝も走れるスピードを要するので芝実績がないカネヒキリには辛かったんでしょうか。
このレースを勝ったのは名門ゴドルフィン管理馬のエレクトロキューショニストは去年までイタリアの厩舎所属でゼンノロブロイが2着に入ったインターナショナルSなど勝った馬だったんですが、今年ゴドルフィンがトレードで手に入れたとか。ドバイ勝つためにトレードしたとしか思えないその相馬眼が凄すぎです!!
posted by VELL at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

退くのも大切!?

最近馬券外し気味。2月アタマの好調振りはすっかり影潜めました(><;
フェブラリーS・中山記念・弥生賞と3連敗中(;;

自信がないときは退く事も大切ですよねぇ・・・今年の教訓にしようw
posted by VELL at 13:38| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

お疲れさま!

ミッキーこと松永幹夫騎手が最後を飾りました。
ラストデーに行われた阪急杯をブルーコンコルドで勝つと、12Rでも勝って通算1400勝のメモリアルで引退という華々しいラストライドを見せてくれました。

去年ヘブンリーロマンスで天皇賞(秋)を制してウイニングラン中に馬上でヘルメットを取って天皇陛下に一礼した姿が余りにも格好良く印象に深く残ってます。
ミッキーだから様になったとも言えますね〜(^^)

今後は技術調教師として活躍を期待です!!
posted by VELL at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

ドバイの栄光が見えてきた?

カネヒキリ強かったですね〜!(`・ω・´)
ドバイ遠征が決まっているので「今回は100%の仕上げではない」と、陣営も語っていたので1番人気ながら単勝オッズが2.7倍と支持率がイマイチだったように思えました。

レースは去年の覇者メイショウボーラーとトウショウギアが強烈なハイペースを作り出す展開で、カネヒキリは中段に位置取りをして直線早めに抜け出すとそのまま力強い走りで3馬身差の快勝!!タイムも1:34:9とかなり良かったのではないでしょうか(^^)

ドバイワールドC制覇が近づいてきた気がします!

馬券の方ですが・・・
1着カネヒキリ2着シーキングザダイヤは予想通りだったんですが、3着狙いで勝った馬が総崩れで抑えで買った馬単1000円だけ当たって、結果はあたり損_| ̄|○|||5000円損した…。


【DOCO】
before.jpgafter.jpg
一気にLvUPしましたw
でもお金も一気に使っちゃった・・・またJOBしないとね〜( *´艸`)
posted by VELL at 19:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

嬉しい〜!

最強の1勝馬シックスセンスの今年初レースで注目を集めた!?京都記念G2と3歳牝馬重賞クイーンCの馬券を少量買いました!

馬券京都記念とクイーンC.jpg
クイーンCはダメダメでしたが京都記念は3点買いで3連単GET!!この1部を明日行われる2006年G1第1弾フェブラリーSに賭けようと思います( ・∀・)
posted by VELL at 23:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

あちゃ〜><

先週馬券を当たったのを良い事に今日も調子こいてダイヤモンドSときさらぎ賞の馬券買ってみましたが、両レースともにハズレ(_тдт)シクシク…

ビクハロは・・・3400mの大会に向けて奮闘中で良い馬出来たかなぁ〜と思って対戦したらブっちぎられて引退させて距離適正を見てみると、2100〜2900m。しかもダートの方が適正が高くなってたりとヤバイです_| ̄|○・・・。
posted by VELL at 23:06| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

今年初

先週残高が80円だったPAT口座に3万円注入してきまして、今日行われた共同通信杯とシルクロードSから今年の馬券購入スタートさせました。

共同通信杯は2歳王者のフサイチリシャールや新潟2歳王者ショウナンタキオンに札幌2歳王者アドマイヤムーンが出走したなかなかの濃いメンバーが集まりで注目のレースでした。

シルクロードSは高松宮記念を目指すスプリンターが集まるレースですが、メンバー的に混戦模様でハンデ戦ってこともあり何が勝ってもおかしくないレースだったのではないでしょうか。

で、今年初馬券ということもあり控えめに
共同通信杯に2800円・シルクロードSに2400円投資しました。

結果は・・・。
馬券共同通信杯.jpg 馬券シルクロードS.jpg
キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!

両レースとも3連単獲りましたー!!
共同通信杯の方はともかく、シルクロードSはほぼ適当に4頭選んだだけなのでゴール前の接戦に熱くなりましたw

さぁ、美味いもん食いに行こう〜♪( *´艸`)ムフフ
posted by VELL at 23:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

不敗神話潰える・・・

無敗の三冠馬ディープインパクトが参戦と大盛り上がった第50回有馬記念[GT]中山芝2500m(定量)でなんと・・・ディープ敗れる。(´・ω・`)

勝ったのは今年は惜敗続きでジャパンカップでは世界レコードと同タイムながら3cmに泣いたハーツクライ。いつも後方から一気の末脚に賭けていた競馬でしたが、鞍上C.ルメールの好騎乗により先行抜け出しの作戦で念願のG1を人馬共に勝ち取ったレースでした。

勝ったハーツは凄いですが、負けたディープの敗因が何だったのか・・・気になってしょうがないです。スタート〜道中〜4コーナーまでは、いつもと変わらない感じに見えましたがそこから弾けるような末脚で突き抜けるディープとは全然違って見えました。

残り200mでヤバイかなと脳裏をよぎり、100mで負けを確信する切れの無さ。
ジョッキーの武豊も『何故?』と思ったのではないでしょうか。

コレが古馬の壁なのでしょうかねぇ(´・ω・`)
いつかは負けるのではないかと思いましたが年内に負ける姿を見たくなかった。
まぁ、とりあえず負けは負けですので来年立て直して、また強い跳ぶような末脚で競馬ファンを魅了して欲しいです!!


第50回有馬記念馬
『ハーツクライ』
16戦4勝 2着4回
主な勝鞍 [G1有馬記念 G2京都新聞杯] 
2001.4.15 社台ファーム生産 栗東 橋口 弘次郎厩舎
父サンデーサイレス 母アイリッシュダンス(母父)トニービン
posted by VELL at 23:38| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

枠順確定!

有馬記念の枠順発表がありました。
大注目の無敗の三冠馬ディープインパクトは3枠6番
引退レースのゼンノロブロイ・タップダンスシチーの両馬は2枠3番・5枠9番にそれぞれなった。

ディープが負ける姿は見たくない!!しかし、ロブロイ&タップにも頑張って欲しい・・・。

と、かなり複雑な心境です( ̄ー ̄;)悩むなぁ・・・
posted by VELL at 17:38| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

カネヒキリ!!

第6回ジャパンカップダート[GT] 東京ダート2100m(定量)
1番人気の3歳馬カネヒキリが古馬の一流ダート馬達を執念の一押しで抑えつけ、コースレコード勝ち!ダートのディープと言わせるだけの事はあったレースでした。

前走の武蔵野Sでは痛恨の出遅れに泣き初のダートで敗退しましたが、そのリベンジをG1でやるあたりがさすがというべきですね。

直線は3頭の大激戦!!!スターキングマンが抜け出すかなと思ったところに外からカネヒキリが伸びてきて、その2頭に割って入るようにシーキングザダイアが伸び、シーキングが勝ったかなと思いましたがクビの上げ下げでハナ差カネヒキリが勝利を掴みました。

ゴール前は騎手の追い比べになってすごい見ごたえがありました。(^-^)


☆━━━━━━━━☆第6回ジャパンカップダート結果☆━━━━━━━━☆
1着 10番 カネヒキリ         武 豊    2.08.0   −  
2着  7番 シーキングザダイア  横山典弘  2.08.0  ハナ
3着  6番 スターキングマン   K.デザーモ 2.08.0 クビ
4着  5番 タイムパラドックス   O.ペリエ   2.08.2 1 1/4
5着  3番 サンライズバッカス  佐藤哲三  2.08.2  ハナ


馬券の方は遊びでカネヒキリを切って勝負したんですが1・2・3着馬をまったく無視してたw
しかし、京阪杯で取り返しました〜♪明日のジャパンカップも賭けられるw
ガンバロ〜!ヽ(´▽`)ノ


第6回ジャパンカップダート馬
『カネヒキリ』
11戦7勝 2着1回
主な勝鞍 [G1ジャパンカップダート・ジャパンダートダービ・ダービGP] 
2002.2.26 ノーザンファーム生産 栗東 角居 勝彦厩舎
父フジキセキ 母ライフアウトゼア(母父)Deputy Minister
posted by VELL at 23:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

ハットトリックV!

第22回マイルCSはO.ペリエ騎乗のハットトリックが上がり33.3の末脚を繰り出して1.32.1のレースレコードでG1初優勝を飾りました。

同一G1三連覇がかかった断然の1番人気デュランダルは後方からメンバー最速のあがり33.2の脚を使うものの0.4秒差の8着と人気を裏切る形になった。
いつものデュランダルなら他馬とは比べものにならない豪脚で大外から撫斬りするのに、今回は名刀の切れ味はでなかった。追い込み好きでずっと応援してきた自分にとっては残念でならないです。(T−T)

スプリンターズSの末脚だったなら差せていただろうに・・・。


☆━━━━━━━━━☆第22回マイルCS結果☆━━━━━━━━━☆
1着  5番 ハットトリック       O.ペリエ    1.32.1   −  
2着 12番 ダイワメジャー      C.ルメール  1.32.1  ハナ
3着  3番 ラインクラフト       福永祐一  1.32.3 1馬身
4着  1番 ダンスインダムード   北村宏司  1.32.3  クビ
5着  8番 バランスオブゲーム  木幡初広  1.32.4  クビ

わずか90秒チョットで1万5000円を失うとは・・・(_тдт)シクシク

第22回マイルCS馬
『ハットリック』
12戦7勝 2着0回
主な勝鞍 [G1マイルCS G3東京新聞杯 G3京都金杯] 
2001.4.26 追分ファーム生産 栗東 角居 勝彦厩舎
父サンデーサイレンス 母トリッキーゴールド(母父)Lost Code
posted by VELL at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

スイープ!

今年で30回を迎えたエリザベス女王杯は春のグランプリ宝塚記念で強豪牡馬を一閃したスイープトウショウが力の差を見せつけ優勝!!

2着には去年と同じくオースミハルカが川島騎手の好騎乗で絶妙なペースで逃げ粘ばり、3年連続同一G1制覇を目指したアドマイヤグルーヴは3着。1番人気の秋華賞馬エアメサイアは位置取りが悪く末脚を伸ばすものの5着がやっとだった。


☆━━━━━━━━━☆第30回エリザベス女王杯結果☆━━━━━━━━━☆
1着  8番 スイープトウショウ   池添謙一  2.12.5   −  
2着  1番 オースミハルカ     川島信二  2.12.6  1/2
3着  3番 アドマイヤグルーヴ  上村洋行  2.13.0 2 1/2馬身
4着 14番 ヤマニンシュクル    四位洋文  2.13.1 3/4馬身
5着 11番 エアメサイア       武  豊   2.13.2  クビ

馬券の方は抑えで買った馬単500円のみで何とかプラスですが天秋の負け分は取り戻せてません(;;)来週のマイルCSでデュランダルに託します。

第30回エリザベス女王杯馬
『スイープトウショウ』
16戦7勝 2着2回
主な勝鞍 [G1宝塚記念 G1エリザベス女王杯 G1秋華賞] 
2001.5.9 トウショウ牧場生産 栗東 鶴留 明雄厩舎
父エンドスウィープ 母タバサトウショウ(母父)ダンシングブレーヴ
posted by VELL at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

ナリタトップロード逝く。

ナリタトップロードが7日心不全のため9歳という若さでこの世を去りました。
サッカーボーイ産駒で1999年の菊花賞をはじめとする重賞7勝の名馬でしたが、後継となる馬だっただけに残念です。(´・ω・`)
posted by VELL at 22:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

牝馬の当たり年!?

エンペラーズカップ100年記念[第132回天皇賞(秋)]東京芝2000m
このレースを制したのは14番人気伏兵の5歳牝馬ヘブンリーロマンスでした!!

初の皇后両陛下が観戦された天皇賞。GT馬が9頭も集まる豪華メンバーの中無冠の牝馬が花咲きました。

最近の天皇賞秋としては稀に見る超スローペース、最内枠スタートのヘブンリーは道中好位で我慢し最後の直線では鞍上松永幹夫の鞭に応え上がり3F32.7の豪脚を繰り出し残り50mで1番人気ゼンノロブロイを頭1個分差しきり、エアグルーブ依頼8年ぶりに牝馬の勝利をもたらした。

クイーンS2着の後、連闘で札幌記念を制しそこから挑んだ天皇賞で数々のGT馬を蹴散らしての勝利は凄いの一言ですね!松永幹夫騎手も5年振りのG1制覇で天皇賞は初勝利。ウイニングランの後、皇后両陛下へメットをとってお辞儀している姿がなんともカッコ良かった。

ロブロイはもうワンテンポ速く抜け出したら勝っていたような気もしますが・・・それは勝負の世界なんでしょうがないですねぇ(´・ω・`)

ヘブンリーロマンスの勝利で今年は牡牝の混合G1で牝馬が3勝目となりました。今までこんなに牝馬が台頭した年あったけな〜


☆━━━━━━━☆第132回天皇賞(秋)結果☆━━━━━━━☆
1着  1番 ヘブンリーロマンス  松永幹夫 2.00.1  −   
2着 13番 ゼンノロブロイ     横山典弘 2.00.1  アタマ ◎
3着 12番 ダンスインザムード  北村宏司 2.00.1  クビ  △
4着  5番 アサクサデンエン   蛯名正義 2.00.3 1馬身
5着 14番 スイープトウショウ   池添謙一 2.00.4  1/2馬身

馬券は残り200mまでは当たったと確信したのに・・・まさかねぃ(´・ω・`)

第132回安田記念馬
『ヘブンリーロマンス』
31戦8勝 2着8回
主な勝鞍 [G1天皇賞(秋) G2札幌記念・阪神牝馬S] 
2000.3.5 ノースヒルズマネジメント生産 栗東 山本 正司厩舎
父サンデーサイレンス 母ファーストアクト(母父)Sadler's Wells
posted by VELL at 23:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

歴史的瞬間!!

良かった・・・本当に良かった。

今回の菊花賞はこの一言につきます。

21年ぶり無敗の三冠馬のかかったクラシック最後の一冠菊花賞
単勝支持率『79.1%』と史上初ともいえる1.0倍の元返しの圧倒的人気になったディープインパクトに誰もが注目していました。
京都競馬場の入場者数も菊花賞レコード。数多くの人が目の前で歴史的瞬間を見たいと思ったのでしょうね(^−^)自分も行きたかったなぁw

午後3時40分大歓声とプレッシャーの中、淀のターフにGTのファンファーレが鳴るとTVで見ているこっちまで緊張してきましたw

運命のスタート!!

絶妙のスタートを切るディープ!!しかし一週目の4コーナー手前から、頭を高く上げ行きたがるディープを一生懸命抑えようとする鞍上の武豊がTVに映し出され、一気に不安になりました。2コーナー位で何とか折り合いの付いたディープ。
今までなかった現状にTVを見ながらハラハラドキドキしてました。(´Д`A)"アセアセ
2週目の3コーナーの下りではもう応援と言うより祈ってましたw
「引っかかって末脚を無くしたディープは見たくない」と・・・
そんな不安のよそにディープはメンバー最速の上がり33.3の末脚を繰り出し逃げ込みを図るアドマイヤジャパンを一気に捕え競馬ファンが待ちに待った歴史的瞬間を迎えました。

最後の直線では思わず『ディープインパクトッ!!!』と叫んでしまったw

ゴール後は安心感の方が大きかったです!勝利ジョッキーインタビューでも武豊かが言葉を詰まらせるシーンが何回かあったことからも、相当なプレッシャーから開放されたんだなぁと思いました。

生では無いですが、リアルタイムでこの瞬間を味わえたことが競馬ファンとして本当に嬉しかったです。(´▽`)b

菊花賞結果など・・・
posted by VELL at 18:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

久しぶりにウマウマー(^ー^*)

京都競馬場で行われた第10回秋華賞は2強対決となり、1番人気ラインクラフトが4コーナー先頭で抜け出す中、道中は馬群で脚を溜めた2番人気エアメサイアが最後クビ差捕らえ前走ローズSから連勝で最後の1冠を獲得しました!

意外と落ち着いたペースにラインクラフトはローズS同様引っかかってしまったのが最後クビ差交わされた原因かなぁ・・・でもジョッキーの福永は難しい気性の馬をよく乗れたと思います。

日米オークスを制したシーザリオが出てればもっと豪華だったんですけどねー( ̄▽ ̄ )

☆━━━━━━━━━☆第10回秋華賞結果☆━━━━━━━━━☆
1着 10番 エアメサイア      武  豊   1.59.2   −    ◎
2着  5番 ラインクラフト     福永祐一  1.59.2   クビ    ○
3着 11番 ニシノナースコール 横山典弘   1.59.7  3馬身   △
4着  6番 オリエントチャーム  赤木高太  1.59.9 1 1/2馬身 
5着 18番 ライラプス       松永幹夫  2.00.0  クビ

スプリンターズSに引き続きG1連続馬券GET!!今回は馬単(10⇒5のみ)と3連単の絞った買い方で大幅収支!!東の重賞、府中牝馬Sも3連複GETでウマウマー(^ー^*)

第10回秋華賞馬
『エアメサイア』
8戦4勝 2着2回
主な勝鞍 [G1秋華賞 G2ローズS G3フラワーC〕
2002.2.4 社台ファーム生産 栗東 伊藤雄二厩舎
父サンデーサイレンス 母エアデジャヴー(母父)ノーザンテースト

さぁ!いよいよ来週は菊花賞ですね!歴史的瞬間をリアルタイムで見れることは出来るのでしょうか!!楽しみです〜♪(^ー^*)
posted by VELL at 20:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

約1年ぶりの

競馬仲間(アケDOC仲間w)と約1年ぶりに大井競馬場に行ってまいりました。( ̄▽ ̄ )
目的はポイントカード更新だったんですw有効期限が切れそうだったので・・・。

どうせ地方競馬は予想が難しくて今まで惨敗続きなので単勝を何点か買って、酒でも飲んで皆でワイワイやってようと思ったのですが2レースから6レースまで4連続的中で気が大きくなってしまったのか、馬単や3連単に手を出し始めてしまい惨敗w(−−;)

いや〜ダメダメだぁ・・・今までの教訓がまったく生きてない(´∀`A)"アセアセ
もう大きな勝負はしません、肝に銘じます(><;)

面白かったのが1レースのパドックで馬を間近で見てたのですが、みんな目がカワイイなぁ〜と思っていた時に1頭こっちを血走った目でギロッと睨んできた馬がいたんです。

「あの馬コワー(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル!!」

と、言うことで馬券を切ったんですが見事その馬が1着に_| ̄|○|||チーン・・・。
あれはアイコンタクトだったのでしょうかw(´∀`A)"アセアセ
posted by VELL at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

電撃の6ハロン!!

2005年秋のGTシリーズが始まりましたね〜♪( ̄▽ ̄ )
[第39回スプリンターズ・ステークス中山芝1200m]

香港の英雄サイレントウィットネスをはじめ、日本の短距離王者デュランダル・高松宮記念馬アドマイヤマックス・去年のスプリンターズS馬カルストンライトオなど濃いメンバーの中、やはりスプリントでは17戦17勝で無敗の香港馬サイレントウィットネスが1番人気に支持されデュランダルは10ヶ月の休み明けも響いてか2番人気と支持されました。

レースでは絶対逃げ宣言をしていた去年の覇者カルストンライトオがハナから飛ばし、2番手に同じ逃げ馬ギャラントアロー。サイレントウィットネスは好位の3・4番手につけデュランダルは当然のように最後方待機。(久しぶりに見るとデュランダルの位置取りは不安でならないw)果たして名刀は切れるのか!?と思っているうちに早くも4コーナー!!

直線向いたときカルストンライトオが去年を再現するような4コーナー出口で他馬を引き離しにかかる、サイレントウィットネスも追い出しにかかっているが手ごたえが良さそうに見えない・・・ディランダルも大外に持って行っているが相変わらず前との距離が縮まらず「これはヤバイかなぁ」とかなり不安を過ぎったその刹那、サイレントウィットネスのエンジンがかかったのか一気にカルストンライトオを捕らえ先頭へ、そして・・・

キタキタキタキタキタ━━━━━━!!!!!大外からデュランダル━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

他馬とは明らかに次元の違う豪脚を繰り出し先頭を行くサイレントウィットネスに襲い掛かる!
が・・・!さすが生きる伝説と言うべきか中山の坂を558Kgの超雄大な馬体で力強く抜け出したサイレントウィットネスには及ばず2着止まり。上がり3F32.7と今迄で一番の末脚を繰り出しても勝てなかった。(_тдт)

☆━━━━━━━━━第39回スプリンターズS結果━━━━━━━━━☆
1着 13番 サイレントウィットネス     コーツィ   1.07.3    −    ○
2着  4番 デュランダル      池添謙一 1.07.5  1 1/4馬身  ◎
3着 12番 アドマイヤマックス   武 豊    1.07.6   1/2馬身  △
4着 14番 マルカキセキ      福永祐一 1.07.6   クビ    △
5着  9番 キーンランドスワン  四位洋文 1.07.7  3/4馬身

秋のG1シリーズ開幕戦に馬単&3連単的中!!良い開幕だ(^-^)b
デュランダルを厚めに買っていたので勝って欲しかったけど、まぁ当たったので良しとしておきましょうw

第46回宝塚記念馬
『サイレントウィットネス』
20戦18勝 2着1回
主な勝鞍 [G1スプリンターズS G1香港スプリントなど9勝] 
1999.10.1 豪州I・スミス生産 A.クルーズ 厩舎
父El Moxie 母Jade Tiara(母父)Bureaucracy
posted by VELL at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。