2007年10月25日

インテルラゴスの奇跡

ちょっと更新遅いですが。。。
奇跡てな展開を忘れないうちにw

本当に奇跡といってもいい様な出来事でした。いろいろな要素がかみ合って実現したフェラーリのK.ライコネンのシリーズチャンピオン。現段階でマクラーレン側がごにょごにょやってますが置いておいて、今年の超大激戦を制したライコネンは凄いですね〜。

強運の持ち主とでも言うのでしょうか・・・。

レース前トップのハミルトンが107ポイントに対してライコネンが100ポイント。最低でもライコネンは2位以上に入ってアロンソやハミルトンが下位に沈まないとチャンピオンに慣れないという厳しい条件の中、予選でもお互いが均衡した状態でライコネンの勝機はかなり薄い気がしました。

しかし、レース開始後数周でなんとハミルトンのマシンに謎のギアトラブル発生!!
リタイヤかと思われた瞬間再びレースペースで復帰するも18番手まで沈む。

トップはチームメイトのマッサで2番手にライコネン、3番手にアロンソ。
このままレースが終わると109ポイントでアロンソのチャンピオンになってしまう。
チームオーダーが出せないしマッサのペースもほぼライコネンと同じ位で抜くことができない状況。

ここで4番手のBMWのクビサのペースがかなり良くアロンソを捕らえにかかる。これでアロンソが4番手。このままいけば2位でもライコネンのチャンピオン確定。
しかし3番手のクビサは3ピット作戦と結局4番手に下がってしまいこのままだとライコネンのチャンピオンはない。やはりチャンピオンにはマッサを抜いて地力で10ポイントを稼ぐしかないのだが、1回目のピットストップでも交わすことが出来ず3〜5秒常に離されやや厳しく見えた。

しかし!

2回目のピットが迫るなかマッサがコーナーでミスを犯しライコネンはマッサの後ろにつけることに成功。今まで安定した走りに見えたんだけど一体なにが・・・。
数周後マッサがピットイン。
ここでフェラーリ&M.シューマッハの得意としていた一瞬の爆発力でファステストラップの連続で数周引っぱりピットイン!!
完璧なピットクルーの仕事で送り出されたライコネンはマッサより前でコースに復帰!

「うぉぉぉぉ〜すげー!!!」

あとはライコネンがペースをコントールしきって優勝!
アロンソは3位、ハミルトンも追い上げるものの7位が精一杯。これによって
ライコネン110ポイント
ハミルトン109ポイント
アロンソ109ポイント
になりライコネンが3巴戦を奇跡の逆転勝利でワールドチャンピオン獲得。

いや〜今年のF1は凄かった!!一番の原因は超新星ハミルトンのお陰でしょうね〜狩れがいなかったらアロンソVSライコネンという予想通りの展開になってたはず。それが開幕してみれば序盤戦からルーキーがトップを快走し、苦戦する2年連続チャンピオンアロンソにフェラーリの安定性に苦しんだライコネン。一時トップとの差を26ポイントまで広げられた状態からの逆転チャンピオンはいつぞやのメイクミラクル巨人軍のようで面白かった。

最終戦ブラジルでは中島悟の息子の一貴がウィリアムズTOYOTAからデビューを果たし見事TOP10に入るし(ピットクルーを轢くという事故を起こしたがw)来年もレギュラーシートを獲得して日本人3名で走ってほしい!

シンガポールでのナイトレースも決定したし来年もまた楽しみです。
アロンソはどこのチームにいくのかな〜っとw
posted by VELL at 16:20| 東京 ☀| Comment(36) | TrackBack(2) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

三つ巴!

中国GPでまさかのハミルトンのリタイヤ、ノーポイントにより最終戦ブラジルGPでハミルトン・アロンソ・ライコネンによる三つ巴戦になり面白くなってきました!!

しかしハミルトンもったいなかったなぁ・・・あんなにタイヤが壊れるまで走って、ピットに入って再び追い上げようってところで油断したんでしょうかねぇ。ビットロードでコースアウトしてグラベルにはまり無念のリタイヤとは。まぁ21日が楽しみです(^ー^

そしてビックニュースが・・・
なんと!!
中島一貴ブラジルGPにてF1デビュー!!!
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=f1&a=20071009-00000001-rcg-moto
いや〜ビックリした!w
日本でも遂に2世ドライバーがデビューですね〜。チームパフォーマンスもそう悪くないウィリアムズで走れるなんて入賞も夢じゃないですねw
ここで良いドライブを首脳陣に見せて是非2008年のシートを獲得してほしいと応援しています!!
posted by VELL at 23:21| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

遅れましたが

日本GPの感想などを。
30年ぶりの富士開催。世界一長いのホームストレートでの熱いバトルを期待しましたが、予選から雨wフォーミュラー日本でもしょっちゅう雨になるんですが山間にあるだけに、気候が不安定になりがちなのでしょうかね〜。
ドライだったフリー走行1ではフェラーリのワンツー。フリー2回目は逆にマクラーレン2台だけが1分18秒台にいれてくるパフォーマンスの高さを見せワンツーを取り返す。予選はどんなタイムが出るのか期待したんですが雨では各ドライバー責めきるのが難しかったようです。こうなると今年の地力が上回るマクラーレンが良い走りをみせフリー2回目と同様のワンツー。フェラーリ勢は3・4番手で本戦を迎えました。
PPはドライバーズランキングトップのハミルトン。
2番手は2ポイント差でハミルトンを追うアロンソ。
周知のとおり、マクラーレンの内部崩壊によるこの二人&ロン・デニスの間には確執がありもはや修復不可。前回のスパ同様1周目の1コーナーからやり合うのではないかと思われた本戦。
予選以上の大雨が・・・。
レースは安全面を考えた上で、スタンディング方式からセフティーカー導入のローリングスタートに変更。この時点で1コーナーでの激しい争いは無いな〜と思ってました。各チーム、ヘビーウェットだったので深溝のエクストリームウエットを履くようにと事前にFIAから通達がメールで送られた。
しかしセフティーカーでレースがスタートしたわずか3周でフェラーリ2台がピットへ。なんとFIAの通達メールが今まで届いてなかったらしく浅溝のスタンダードウエットを履いてスタートしていたようで、一気にフェラーリの2台が最後方へ下がる・・・。
この時点で、もうどっちらけ(;´Д`)
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=f1&a=20071001-00000001-rcg-moto
そら怒るよなぁ・・・。

セーフティーカー先導のもとレースは既に10周以上消化。天候は更に悪化してるのではと思うほど酷くコースの所々で川ができてたし「これは赤旗中断かな〜」と思われた19周目。セーフティーカーのランプが消えレース開始の合図。待ちに待ったF1ファンのボルテージが一気に上がる。そして本当のレーススタート!!

結果はご存知のとおり終止ハミルトンが安定した走りを見せポールトゥウイン!対象にアロンソはクラッシュリタイヤノーポイントと最悪の結果に終わった。フェラーリもライコネンがなんとか8秒差の3位まで追い上げるのが精一杯。ラスト2戦を残しハミルトンが王手をかけた。

しかしあの雨の中のレースは本当に凄かった。なんどかオンボードカメラの映像が出たが視界はほぼ0。よくあの中で相手の位置を把握しながら限界まで攻められるなぁとマジで関心しました。
まぁレーサーからは今回のレースについて結構非難の声があがってますねぇ
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=f1&a=20071003-00000006-fliv-moto

スリリングなレースではあったのですが富士サーキット本来の長い直線を使った豪快なオーバーテイクはあまり見られなかったのが残念です。

史上初のルーキーイヤーで最年少王者誕生はほぼ決まりでしょうね〜w
posted by VELL at 13:54| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

ぐぁ!衝撃!!

以前マクラーレンとフェラーリの間でスパイ疑惑が浮上し、今は沈着化したのかと思いきやその裁定がでたようです。しかも衝撃的過ぎ・・・。

以下、記事抜粋

[パリ 13日 ロイター] 国際自動車連盟(FIA)は、フェラーリの情報を不正に入手したとの疑惑がもたれているF1総合首位のマクラーレンに対し、2007年のコンストラクターズ部門のタイトル争いからの除外、今季の同部門における獲得ポイントのはく奪および1億ドル(約114億円)の罰金処分を科した。
 総合首位に立つルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソのドライバーズポイントはそのまま維持される。
 マクラーレンのチーフデザイナーがフェラリーの情報を所有し利益を得ていたとの告発を受けたが、世界モータースポーツ評議会(WMSC)は7月に証拠不十分だとしてマクラーレンに対する処分を見送っていた。ただ、新たな証拠が見つかれば今年と来年のコンストラクターズ選手権から除外すると警告していた。
 マクラーレンのパートナーであるメルセデスは、今回の決定はショックだとして再審議を求める意向を明らかにしている。
 FIAが過去に下した罰金処分の最高額は500万ドルで、今回の罰金はモータースポーツ史上最高額となる。

この記事を見た時はあまりにもビックリしてF1好きの友達にメールしちゃいましたよ。
いや〜トップ快走していたマクラーレンにまさかこんな裁定が下されようとは・・・。
posted by VELL at 16:57| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

イタリアGP

フェラーリファンにとっては残念無念といった感じのイタリアGPでしたね。
金曜のフリー走行からマクラーレン勢の調子はよく抜けていた感じがします。
本戦でも1・2をしっかり固めたまま盤石の走りでモンツァで初のマクラーレン1・2フィニッシュを決めました。母国グランプリのフェラーリはフリー走行でライコネンが大クラッシュし、マッサも3番手。その3番手スタートのマッサもメカニカルトラブルでわずか10周でリタイヤ。ライコネンも1ピット作戦を試みるも肝心の速さで大きくマクラーレン勢に劣り3位フィニッシュがいっぱいとう感じでした。

今年も残すところあと4戦。

焦点はマクラーレンの王者アロンソVSスーパールーキーハミルトンのチーム内対決しか見所は無いかな。今年のマクラーレンは本当に信頼性が高く速いなぁw
posted by VELL at 16:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

3週間を経て

F1シリーズも夏休みを終えついに後半戦突入ですね〜!
3週間ぶりのF1はトルコGP。予選からフェラーリVSマクラーレンでした。しかしレースではスタートラインの違いからフェラーリ2台が抜けだし後は安定したレースぶりで1・2フィニッシュ!!
ハミルトンはタイヤがバーストする不運にも見舞われるものの5位入賞を果たしポイントをしっかり稼いでました。このへんの冷静さはさすがだなと思う。
次戦はフェラーリの聖地モンツァでのイタリアGP。超高速バトルが面白そうです(^^
posted by VELL at 10:54| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

やったねSUPER AGURI

参戦2年目にしてついにSUPER AGURI HONDAがポイント獲得しました!!
今回からギヤボックスを変えてマシンの空力もUP!早速予選から良い走りをしてたんですが、トラブルに見舞われグリッドは13番手。
本戦では各チームトラブル続出の中堅実な走りで着実に順位をあげた佐藤琢磨が残り6周で8番手に浮上。久しぶりにハラハラドキドキしながらTVにかじりついて見てましたw

レース後アグリ代表も思うところが大きかったのか、言葉を詰まらせてたのが印象的だったなぁ。

いや〜これからの更なる活躍に期待です!!
posted by VELL at 14:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

マレーシアGP

見事な走りで1・2を飾ったマクラーレン・メルセデス。
1位のアロンソも凄いですが、もっと凄かったのがL.ハミルトンでしょう(^^

4番手スタートながら第1コーナーで前を行くフェラーリの2台の隙をついて2番手に浮上し、ペースの速いマッサを完璧に封じ競り落とす走り、更にレースのファステストラップを叩き出し後半はライコネンまで封じての2位はとてもF12戦目のルーキーじゃないねこれはww

いや〜コレは超大物ですね!!

レースも落ち着いてるし若いドライバー特有の荒々しさもないし
F1王者になる日もそお遠くない予感がします。(^^)

しかし、今年のルノーは去年までの強さが見る影もないなぁ・・・やっぱりアロンソがいないとキングメーカーと言えどダメなのかな。
posted by VELL at 14:26| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

ライコネン完勝

2007年F1シリーズ第1戦オーストラリアGPが終わりましたね〜
結果は見事ポールからスタートしたフェラーリのK.ライコネンが他を寄せ付けない走りで2005年以来の勝利!

移籍第1戦&開幕戦で勝てたのは嬉しいでしょうね〜(^^)

昨日の予選ではなんとSUPER AGURIの佐藤琢磨が奇跡の最終ラウンドまで残り10番手からのスタートでビックリしましたが、本線ではやや順位を落とし12位フィニッシュ。まぁ去年から比べれば信じられないくらいポテンシャルが上がってるので今年はポイント取れるかもという期待を沸かせてくれます(^O^)/

そして凄いルーキーが現れましたね〜
マクラーレンの秘蔵っ子L.ハミルトンがなんと3位表彰台フィニッシュ!!去年もマクラーレンとサードドライバーで乗っていたし、GP2(F1の下のカテゴリー)チャンピオンで初の黒人ドライバーと話題に上がってましたが、スタートから王者F.アロンソを食い安定した高レベルな走りはとてもルーキーとは思えない素晴らしいものがあったと思います。

アロンソも余裕ぶっこいてられないかも・・・w

今年も面白いシーズンになりそうで、次回のマレーシアも楽しみ( ・∀・)
posted by VELL at 16:22| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

いよいよ

F1の2007シーズンが開幕しましたね〜!
今年からマクラーレンに移籍した2年連続王者F.アロンソ。
同じくフェラーリに移籍したK.ライコネン。
この2人に開幕前から注目が集まってます!

今日はフリー走行がありまして、なんとフェラーリがワンツーのようです!(前評判通り?)
先日新車発表したSUPER AGURIもまずまずのパフォーマンスを発揮して本家のHONDAよりもフリー走行では順位が上でした。

開幕のオーストラリアGPは毎年サバイバルレースになって、完走率が悪いですが、上手く生き残れば上位入賞も可能なので目が離せません!!

他にもSUPER-GTの2007シーズンも開幕!
全車SC430に変えてきたTYOTAとNAエンジン投入のNISSAN Z。
1チーム追加したHONDAとこちらも楽しみでしょうがないですw


いや〜日曜日はレースTV観戦DAYになりそうです(^−^)
posted by VELL at 17:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

絶対王者陥落

F1界ではM.シューマッハが2004年まで5年連続王者として君臨してましたが、MotoGPにもV.ロッシが125cc時代から絶対王者として今までMotoGPクラスの絶対王者として2005年シーズンまで君臨してました。しかし、その王者も今年は序盤からポイントをリードされたりいつもとは違う展開に・・・。16戦目にやっとTOPに立つものの、昨日の最終戦では転倒して王者から陥落というなんともV.ロッシファンにとっては悪夢のような最終戦バレンシアGPだったと思います。
新王者はアメリカのN.ヘイデン(HONDA)です!新王者の来年の走りに注目です(^^)
posted by VELL at 16:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

最後の勇姿

今日は寝不足で仕事がツライっす・・・。

今朝方までF1シリーズの最終戦ブラジルGPをライブ放送で見てたんですが勝ったF.マッサやシリーズチャンピオンに輝いたF.アロンソを差し置いてやはり主役はM.シューマッハだったと思います。

予選からトラブルにみまわれ、レースでも幾度となるトラブルで一時は最後方にさがりながらそこから皇帝と言わしめた異次元の走りで4位まで順位を上げたその凄さ。J.フィジケラを凄まじいプレッシャーでコースアウトさせるシーンが凄く印象に残ってます。

あの走りに感動しました(^^)

順位やポイント的には満足行きませんが走りの内容として引退までその衰える事無い走りが見れたので十分ではないでしょうか。今後どのような人生を送るか分かりませんがまたレースでミハエルの走りが見たいです。ル・マンあたりで見たいな〜w

あと凄いと思ったのがなんと言ってもスーパー・アグリでしょう!
中盤〜後半ではトップと殆ど変わらないラップを刻み佐藤琢磨が初のTOP10入りし山本左近は16位。ファステストラップに至っては左近が全体で7番目のタイムを出す凄さ!!(琢磨は9番手)

なんで予選よりタイム出るの?(・∀・;)

って感じですがwやれば出来るじゃ〜んと最後に思わせてくれたのが嬉しかったです(^^)

来年からはK.ライコネンがフェラーリ、2年連続シリーズチャンピオンのF.アロンソがマクラーレンへ移籍してどうなるのかとても楽しみです!


印象に残ってる一言
posted by VELL at 15:49| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

九州決戦!

SUPER-GTも終盤戦いよいよシリーズチャンピオンが絞られてきました。
そんなシリーズ第8戦オートポリスは各チーム、最終戦の富士へ向けて頭脳戦となりました。

ウエイトハンデがあるGT独特のレギュレーションの中、富士は圧倒的にSCが速いのでポイント上位のSC勢はウエイトを落としながら獲れるポイントはしっかり獲る作戦に、逆に富士が苦手なNSX勢はここで獲るだけ獲って富士ではなんとか逃げ切る作戦が目に見えてわかる状態で、面白かったです。

勝ったのは以外にも今年未勝利でリストリクター1ランクアップ処置をもらってたNISMOのエースカーのザナビィNISMO ZがNSX勢の猛追を押さえ込み
今シーズン初勝利。毎年優勝候補にあがるこのチームですが今年は序盤戦から不運続きでシリーズチャンピオンにはかなり厳しい状態です。

逆にオートポリスにかけていたNSX勢のTOP、ARTA NSXはボディ破損でオレンジボール(修復しないと失格処分にすると言う通達フラッグ)が出されトップ快走から一気にポイント圏外へ・・・これと同時にほぼシリーズチャンピオンも圏外になってしまいました。

TOYOTAのSC勢はポイントランキングトップのトムス・オープンインタフェイスSCがポイントも獲れウエイトも20kg落とせる7位で見事ゴールし最終戦へ準備万端といったところでしょうかね〜同ポイントでトップだったレイブリックNSXは105Kgとヘビーウエイトを背負いながら2位に入りポイントでは大きくリード。しかし最終戦ではさらにウエイト積まれてしまうのでどこまで粘れるかが見所です。

最終戦が行われる富士スピードウエイは比較的近いので見に行きたいけど、そのころは寒いので行くか微妙です(^^;
posted by VELL at 14:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

最後の鈴鹿

今年でF1としての開催は最後となった日本GPとしての鈴鹿サーキット。
同じく今年で引退のM.シューマッハの勇姿を見ようと数多くのF1ファンが鈴鹿サーキットに訪れたようです。

ドライバーズタイトル&コンストラクターズタイトルを目指すM.シューマッハ率いるフェラーリは予選でフロントローを独占。(セカンドのF.マッサがPP)ライバルのF.アロンソはTOYOTA勢に前をいかれ5番手スタートとM.シューマッハファンには堪らないスタートだったのですが・・・。

順調なスタートを決めたフェラーリ勢。
2週目にはM.シューマッハがF.マッサを交わしタイトル奪取へ向けて磐石の走り、ライバルのF.アロンソはスタートの第一コーナーでTYOTAのJ.トゥルーリを交わし3番手に上がると最初のピットでF.マッサも交わし2番手へ。これでM.シューマッハVSF.アロンソの新旧王者ガチンコ対決へ!!!最後の鈴鹿でこんな熱いバトルが見れるなんて羨ましいです(^^)

このまま熱いバトルのままM.シューマッハが勝つことを望んだ37週目まさかこんな悲劇が訪れるとは・・・。

F.アロンソとの差を5秒ほど保ったまま順調な走りでトップ快走してた37週目のデグナーに差し掛かった瞬間フェラリーのエンジンが悲鳴をあげ白煙と共に失速。その横をF.アロンソが通り抜けるとM.シューマッハはマシンをコース横に止め最後の鈴鹿を終えた。今年は一度もブローで終わること無かったフェラーリが大事な1戦でこんな事になるなんて( ´・ω・`)

解説の片山右京が思わず「くっそー」と2回ほど言ってしまった事と、M.シューマッハがピットに戻ってクルーと挨拶を交わしていたシーンが印象的でした。

その後レースをまともに見る気になならかったのですが、F.アロンソが後続を突き放して今期7勝目。ポイントもM.シューマッハと10ポイントの差をつけブラジルGPを迎えるのですがほぼ王者確定でしょう。M.シューマッハも可能性が無いわけでは無いのですが、M.シューマッハが優勝してF.アロンソがノーポイントに終わらないといけないので、今回のようにリタイアしない限りF.アロンソが9位以下で終わるような事はないと思います。

最後の鈴鹿日本GPはなんとも悲しい結果となりました。
posted by VELL at 19:53| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

ついに並んだ!

予選6番手スタートのM.シューマッハが見事なパフォーマンスを見せ7勝目を飾りました!これによりTOPのF.アロンソにポイントで116点と並びTOP!しかも勝ち数で1勝M.シューマッハがアロンソを上回りドライバーズタイトルで有利になりました!(^▽^)

予選から苦戦を強いられたブリヂストンユーザーの中で唯一と言っていいほどの活躍を見せたM.シューマッハ・・・さすがです!(`・ω・´)神ですw

次はいよいよ日本GP!もう今週末からですが土日と出かけてしまうのでTV見れない〜(_тдт)シクシク…ビデオかぁ

また、今回の日本GPは最後のM.シューマッハの走りを見ようとかなり人気があるようです!俺も生で見たい〜(><;)

HONDAは例によって鈴鹿スペシャル投入!中国GPで一応ダブル完走したスーパーアグリHONDAにも注目です!

いや〜楽しみw

posted by VELL at 23:24| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

聖地での発表

フェラーリの聖地であるモンツァで行われるイタリアGP。皇帝ミハエル・シューマッハの去就が発表されることもあって世界中が注目した歴史的1戦。
レースはそのM.シューマッハがティフォシの声援を見方に貫禄勝ち!その勇姿を目に焼き付けるように見ました。

レース後の公式記者会見

やや重苦しい空気の中ミハエルの口から「今回が最後のモンツァです。発表するには最も良いタイミングだと判断した」と出た瞬間、「あ〜やっぱり引退なんだなぁ」と思いました。

以前ブログにも書きましたがセナ・プロスト・マンセルのF1黄金期と呼ばれた時代を知らない自分にとって、M.シューマッハは絶対王者でした。

F1を見はじめた94年サンマリノGP後でした。

その頃はさほどモータースポーツ自体には興味が無く、なぜかF1だけは見てました(^^;
それから12年間M.シューマッハを応援し続け、D.ヒル・J.ビルヌーブ・M.ハッキネンと数々のライバルたちと名バトルの中で勝ち取ったシリーズチャンピオン7回はとても凄い事だと思います。

次の世代にもかなりF.アロンソを筆頭に有能なドライバーが現れる中、ミハエルは引き際を力が劣りきる前にしようと思ったのでしょう。

個人的には悲しいことですが、しょうがないです。
今年もあと3戦。皇帝の最後の走りを最後までしっかりと見届けたいと思います。ドライバーズポイントも2ポイントまで差が縮まりましたしね(^^)
posted by VELL at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

SUPER-GTinMOTEGI

行ってきました!国内ハコ車レースの最高峰SUPER-GT第7戦ツインリンクモテギサーキット。
前々から生でGT見たいと思っていたんですがスケジュールが合わなくて今回が初体験ですwモテギサーキット自体は4回目と慣れてきたんですがね(^^

いや〜人が多いのにビックリ(^^;)さすが人気高いw
ちと余裕かまして10時ごろいったら駐車場が一杯でかなり離れたところにとめさせられましてゲートまで10分も山道を歩かされました。
気温・湿度ともに高くてゲートくぐる頃には汗だくに(;´ρ`)ハァ

サーキットの外には色々なメーカーのデモカーや以前GTで走っていた車が置いてあったりしてレース前から興奮!!間近で見れて嬉しいっすね(^^

いろいろマーチレースやインテレースなど見てご飯を食べ、PM2:00。
高鳴るエキゾースト共にSUPER-GT第7戦がスタート!!
とりあえず生で爆音とGTカーが目の前を走っていくことに大興奮.。゚+.(・∀・)゚+.゚カコイイ!!
TVで見てるより全体の情報が分かりづらいのですが、車の挙動やライン取りが近くで見えるのでそれだけでも面白かったです!

あっという間に63Lapが過ぎ、500クラスはポールからスタートのRAYBRIG NSXが安定した速さを見せ2位のOPEN INTERFACE TOM'S SC430に17秒の大差を付けポールトゥウイン!
300クラスも2番手からスタートしたJIM CENTER FERRARI DUNLOPが序盤にWILLCOM ADVAN VEMAC408Rを捕らえるとその後着実に差を広げ最後はENDRESS ADVAN CCI Zに23秒差をつけてのゴール!!
抜きにくいモテギサーキットにしては結構抜きつ抜かれつのバトルがあって良かったです(^^

11月にある最終戦富士にも行っちゃおうかな〜w
posted by VELL at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

終盤戦スタート

3週間の夏休みを挟みましてトルコGPよりスタートしたF1世界選手権。

スタートからめちゃくちゃでしたね〜(^^;

フィジケラのスピンから後続が次々に巻き込まれライコネンや佐藤琢磨など数台がやられました(><

TOPのF.マッサ、2番手M.シューマッハ、3番手F.アロンソは順調に周回を重ねていくその中でフェラーリの2台はアロンソを突き放しにかかり今日はどこかでシューマッハがマッサを抜いて1・2で決まりだなと思った矢先やってくれたドライバーがいました。

トロ・ロッソのV.リウッツィがね・・・(−−;

1コーナーでスピンし動けなくなりSC導入。一気にフェラーリとアロンソの差が無くなり振り出しへ。さらに各車一斉にピットインする中フェラーリが同時ピットイン。
カートみたいに各車1台ずつのスペースがないので後ろのシューマッハがマッサがにつかえて何もできない状態になり、そのせいでアロンソに2番手を奪われてしまう始末。

そこから王者アロンソVS皇帝シューマッハのバトルは最後の最後までもつれるほどいいレースでしたが展開が展開だけにねぇ〜(−ー)リウッツィのヤツめぇ・・・。

お陰でポイント差が10Pから12Pへ開いてしまったじゃないか!バカモーン
のこり4戦まだまだあきらめないで頑張って欲しい。

次のイタリアGPではM.シューマッハの去就発表らしいので見物です。個人的にはもちろん現役を続行して欲しいですよマジで(^^)b
posted by VELL at 20:27| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

祝!HONDA!!

ついにこの時が来ました!オールHONDA39年ぶりのF1勝利!!
(*`・∀・)ノ☆.。.【ネ兄HONDA】.。.☆ヾ(・∀・´*)

まずはHONDAおめでと〜!J.バトンおめでと〜!と言ったところでしょうかね^^
2006年F1世界選手権第13戦ハンガリーGP
あまりにも色々なことが起きすぎて、整理するのが大変です( ̄∀ ̄A)"アセアセ

・フリー走行でのF.アロンソ&M.シューマッハの行為に対する罰則の予選タイム2秒ペナルティでの15番手・12番手スタートとなった事

・ハンガリーGP史上初のウエットコンディションでのスタート。

・猛烈なスピードでまくるF.アロンソに対してM.シューマッハをはじめとするブリヂストンユーザーの苦戦

・K.ライコネンクラッシュによるSC

・天気回復後ポイント圏外まで落ちそうだったM.シューマッハの逆襲

・トップ快走のF.アロンソ今季初マシントラブルでリタイア

・残り2周に突如襲ったM.シューマッハの悪夢

・14番手スタートのJ.バトン奇跡的なF1参戦113戦目にして初勝利&オールHONDA39年ぶり(第3期初)勝利

簡単に挙げただけでコレだけの事が起きたハンガリーGP。
今年1番壮絶なレースだったのではないでしょうか。M.シューマッハを応援している自分にとってはもう混沌から光がさしライバルリタイアで興奮し、ラスト2周で絶望へ・・・。

見てて疲れました(;´Д`)ハァ〜
posted by VELL at 02:49| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

赤い皇帝追撃!!

M.シューマッハがアメリカGP・フランスGP・ドイツGPを3連勝しましたー!!この3連戦でTOPアロンソとのポイント差は25P→11Pに縮め追撃態勢万全です(^^

ここ3戦のフェラーリ&ブリヂストンのパフォーマンスは手がつけられないくらい強かった2004シーズンの勢いと同じですね〜。

そしてスーパーアグリHONDAの新車SA06投入&山本左近本戦デビュー!!
やっとバトルできるマシーンになりましたね〜(^^)
まだミッドランドクラスですがw
はやくポイント圏内走れるようになって欲しいです。

ハーツクライ
posted by VELL at 21:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。