2006年10月09日

最後の鈴鹿

今年でF1としての開催は最後となった日本GPとしての鈴鹿サーキット。
同じく今年で引退のM.シューマッハの勇姿を見ようと数多くのF1ファンが鈴鹿サーキットに訪れたようです。

ドライバーズタイトル&コンストラクターズタイトルを目指すM.シューマッハ率いるフェラーリは予選でフロントローを独占。(セカンドのF.マッサがPP)ライバルのF.アロンソはTOYOTA勢に前をいかれ5番手スタートとM.シューマッハファンには堪らないスタートだったのですが・・・。

順調なスタートを決めたフェラーリ勢。
2週目にはM.シューマッハがF.マッサを交わしタイトル奪取へ向けて磐石の走り、ライバルのF.アロンソはスタートの第一コーナーでTYOTAのJ.トゥルーリを交わし3番手に上がると最初のピットでF.マッサも交わし2番手へ。これでM.シューマッハVSF.アロンソの新旧王者ガチンコ対決へ!!!最後の鈴鹿でこんな熱いバトルが見れるなんて羨ましいです(^^)

このまま熱いバトルのままM.シューマッハが勝つことを望んだ37週目まさかこんな悲劇が訪れるとは・・・。

F.アロンソとの差を5秒ほど保ったまま順調な走りでトップ快走してた37週目のデグナーに差し掛かった瞬間フェラリーのエンジンが悲鳴をあげ白煙と共に失速。その横をF.アロンソが通り抜けるとM.シューマッハはマシンをコース横に止め最後の鈴鹿を終えた。今年は一度もブローで終わること無かったフェラーリが大事な1戦でこんな事になるなんて( ´・ω・`)

解説の片山右京が思わず「くっそー」と2回ほど言ってしまった事と、M.シューマッハがピットに戻ってクルーと挨拶を交わしていたシーンが印象的でした。

その後レースをまともに見る気になならかったのですが、F.アロンソが後続を突き放して今期7勝目。ポイントもM.シューマッハと10ポイントの差をつけブラジルGPを迎えるのですがほぼ王者確定でしょう。M.シューマッハも可能性が無いわけでは無いのですが、M.シューマッハが優勝してF.アロンソがノーポイントに終わらないといけないので、今回のようにリタイアしない限りF.アロンソが9位以下で終わるような事はないと思います。

最後の鈴鹿日本GPはなんとも悲しい結果となりました。
posted by VELL at 19:53| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜!
鈴鹿はシューを応援してる身からは悲しい結果でしたね。レースではよくあることではあるんですけど・・・。
アロンソのチャンピオンはほぼ決まりましたけど、ブラジルではシューに勝って欲しいです!!
本当のラストランですからね。。
Posted by まなぶ at 2006年10月09日 23:56
ミハエルは大人ですね^^
車を止めた直後どうするのかと思い見てましたが
冷静でいたのには大人でしたね。
いつも思うんだけどアロンソ君。マシンの上に立って踊るのやめてもらえませんか?
嬉しいのはわかりますがな〜〜んか不愉快です。
ブラジルではぜひ優勝して男の花道を飾ってください^^
Posted by あひるちゃん at 2006年10月10日 07:54
まなぶさん>ども〜こんばんはっす〜!(^^)/
今年最初のエンジンブローがまさかこんな大事な一戦とはねぇ〜。ブリヂストンの浜島さんも無念そうでした(;´Д`)
ラストはミハエルらしい勝ち方で有終の美を飾って欲しいです!!


あひるちゃん>なんかマジで車を止めた辺りからまともに見れなかったですよ〜(;;)
そして、またアロンソは小躍りしたんですか?
ミハエルファンからすれば逆なでされる気持ちで嫌になりますねぇ・・・。まぁパーフォーマンス好きなブリアトーレの影響かなw
ラストのブラジルは深夜中継になると思いますが、絶対にLIVEで応援したいと思ってます。(^^)b
Posted by VELL at 2006年10月10日 19:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。