2006年09月11日

聖地での発表

フェラーリの聖地であるモンツァで行われるイタリアGP。皇帝ミハエル・シューマッハの去就が発表されることもあって世界中が注目した歴史的1戦。
レースはそのM.シューマッハがティフォシの声援を見方に貫禄勝ち!その勇姿を目に焼き付けるように見ました。

レース後の公式記者会見

やや重苦しい空気の中ミハエルの口から「今回が最後のモンツァです。発表するには最も良いタイミングだと判断した」と出た瞬間、「あ〜やっぱり引退なんだなぁ」と思いました。

以前ブログにも書きましたがセナ・プロスト・マンセルのF1黄金期と呼ばれた時代を知らない自分にとって、M.シューマッハは絶対王者でした。

F1を見はじめた94年サンマリノGP後でした。

その頃はさほどモータースポーツ自体には興味が無く、なぜかF1だけは見てました(^^;
それから12年間M.シューマッハを応援し続け、D.ヒル・J.ビルヌーブ・M.ハッキネンと数々のライバルたちと名バトルの中で勝ち取ったシリーズチャンピオン7回はとても凄い事だと思います。

次の世代にもかなりF.アロンソを筆頭に有能なドライバーが現れる中、ミハエルは引き際を力が劣りきる前にしようと思ったのでしょう。

個人的には悲しいことですが、しょうがないです。
今年もあと3戦。皇帝の最後の走りを最後までしっかりと見届けたいと思います。ドライバーズポイントも2ポイントまで差が縮まりましたしね(^^)
posted by VELL at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。