2006年08月28日

終盤戦スタート

3週間の夏休みを挟みましてトルコGPよりスタートしたF1世界選手権。

スタートからめちゃくちゃでしたね〜(^^;

フィジケラのスピンから後続が次々に巻き込まれライコネンや佐藤琢磨など数台がやられました(><

TOPのF.マッサ、2番手M.シューマッハ、3番手F.アロンソは順調に周回を重ねていくその中でフェラーリの2台はアロンソを突き放しにかかり今日はどこかでシューマッハがマッサを抜いて1・2で決まりだなと思った矢先やってくれたドライバーがいました。

トロ・ロッソのV.リウッツィがね・・・(−−;

1コーナーでスピンし動けなくなりSC導入。一気にフェラーリとアロンソの差が無くなり振り出しへ。さらに各車一斉にピットインする中フェラーリが同時ピットイン。
カートみたいに各車1台ずつのスペースがないので後ろのシューマッハがマッサがにつかえて何もできない状態になり、そのせいでアロンソに2番手を奪われてしまう始末。

そこから王者アロンソVS皇帝シューマッハのバトルは最後の最後までもつれるほどいいレースでしたが展開が展開だけにねぇ〜(−ー)リウッツィのヤツめぇ・・・。

お陰でポイント差が10Pから12Pへ開いてしまったじゃないか!バカモーン
のこり4戦まだまだあきらめないで頑張って欲しい。

次のイタリアGPではM.シューマッハの去就発表らしいので見物です。個人的にはもちろん現役を続行して欲しいですよマジで(^^)b
posted by VELL at 20:27| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
URL変更しました〜
http://kingkazu2006.seesaa.net/です。
Posted by kingkazu at 2006年08月30日 09:20
カズさん了解で〜す。再リンクします(^^
Posted by VELL at 2006年08月30日 13:48
リウッツィの評価がどんどん下がっていくよね。
F1に来るまでは将来のワールドチャンピオン候補確実と言われて来たドライバーなんですがF1へ来てまだ芽が出ない感じです。
日本にもカート時代にもてぎに来ていたこともあるワールドチャンピオンなんだけどなぁ〜〜。

Posted by あひるちゃん at 2006年08月30日 16:42
期待されていたドライバーだったとは・・・w

知りませんでした(´ー`;)

しかしマスダンパー禁止になったもののアロンソは安定した走りで強かった。
Posted by VELL at 2006年08月30日 17:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。